うにの思考

会計、心理、日常、歴史などなどの記録

幼少期~小学校卒業までの勉強環境

最近、幼児を育ててる人からよく「小さい頃どうやって勉強してきたの?」と聞かれるので、
僕の幼少期から小学校卒業までの勉強についてまとめておこうと思う。

 

簡単に僕の学歴を紹介すると、4歳~小学校卒までは田舎の公立で、
地元私立の中高一貫校、東の国立大学に進学して、大学4年時に会計士合格だ。

(我ながら、母親ウケしやすい経歴だと思う)

 

本題に入る前に、これは単に僕の幼少期の記憶に基づく記載なので、
ぶっちゃけあまり参考にならんよ、という元も子もない結論だ。

記憶の外で母親がすごく教育に良いことをしていた、かもしれないし。
ただ、母に聞いてみても、習い事を数多くさせてみたくらいで、
特別に気を付けていたことはなかったそう。

幼少期の教育効果って高いらしいけれど、自分への影響ってわからんね。

 

では、本題。

3歳以前の記憶はほぼ皆無だけれど、少しだけ覚えているのは、
幼馴染と公園でよく遊んでいたこと。
家の前の広場で子供用の車を乗り回したりしていた。
アンパンマンが好きな普通の子供で、ロボット系のおもちゃを振り回してたりしてた。

保育園に通いだして、折り紙や音楽など、手先を使う遊びが好きだった。
あと、数字を1~1000まで全て、独り言で読み上げた記憶がある。
(数字を数えられるようになって、嬉しかったんだと思う)
また、スーパーに売っていたプラスチックの部品を組み立てるおもちゃが大好きで、
毎回お願いして買ってもらっていた。

 

保育園の後半あたりから、ベネッセの教材を母親とリビングでやっていた記憶がある。
チャレンジは小学校3年くらいまで続けていた。
塾には通ってなかったから、公文に通ってる友達のほうが予習が進んでいて賢いなぁ、と思っていた。
チャレンジが予習になっていたからか、
小学校のテストはほぼ100点だった。漢字は苦手で80点~だったけれど、
小学校のクラスに数人はいる100点族の一人、といった感じ。

で、小学校5年夏頃だったか、1歳年上の幼馴染が中学受験をすると母親が聞いてきて、
うちもやってみようということになり、四谷大塚系列の塾に通いだした。

中学受験対策の開始としては遅めだったらしい(小学4年からが普通と聞いた)けれど、
偏差値55くらいの学校であれば、小学校での勉強が簡単と思えていたら、
小学5年からでも十分追いつけた。

で、塾に通いだしてからは、1週間の勉強スケジュールを立てて、
自宅のリビングに張り出していた。(月曜日は8時~10時まで算数、等)
勉強はリビングで、両親は料理とかしていた。
勉強って、引きこもるより誰かに見られながらのほうがやるんだろうな。

数ヶ月間、計画に沿って勉強してたら、なかなか良い成績を取れるようになっていった。勉強スケジュールの計画が、僕の受験成功の重要な要素だったんだろう。

で、順調に成績を伸ばして、晴れて中学受験合格。
記憶の限りで、特別なことは何もやっていないという、面白みのない結論だ。

 

ここからは余談。教育関係で思いついた記憶をつらつらと書いてみる。

  • さいころから勉強とは別にトランプの神経衰弱が大好きだった。
    これが記憶力の向上になったのかもしれない。
  • 幼稚園の終わりごろまでゲームは買ってもらえず、
    小学校以降でも1日2時間まで(高学年になったら3時間)と、時間制限が厳しかった。
    テレビもあまり見ず、小学校中学年まで基本的に母親に勉強を見てもらっていた。 
  • チャレンジなどで、郵送する系の教材を取ったこともあったけれど、
    答え合わせを母にやってもらうか自分でやるだけで、郵送はしなかった。
    すぐに復習できないなんて、面倒すぎるからね。
  • 親戚や友達から算数ができる人扱いを受けて嬉しくて、外食で消費税込みの金額を暗算で計算したりしていた。
  • 習い事はスイミング(保育園~小学3年)、習字(小学1年~5年)
    サッカー(小学2~3年)、体操(小学3年~4年)くらいだったと思う。

以上、僕の幼少期の勉強環境で思いつくことをまとめました。

ぶっちゃけ、家庭環境や子供の性質によって良し悪しあるところだからあくまで参考だけどね。

それじゃ、また

お金とはなにか

お金とはなんだろう?

お金は全ての商売で利用されるもので、誰もが欲しいと願うものだ。
でも、最近では硬貨や紙切れですらなく、銀行などで管理されている個人が持っている数字だ。

100万円持ってる人は、銀行の預金残高が100万円なだけで、実際には札束を持っていないことがほとんどだろう。

お金とは札束の数ではなく、札束に変換できる数字なんだ。

では、その数字になぜ価値があるのだろう?

 

結論から言えば、
「お金に価値がある、という宗教」こそが、お金の価値を決めている。
みんな、知らず知らずのうちに、お金教の信仰者となっているけれど、
ほんとうにお金に価値があるかどうかはあやしい。

現代通貨への信仰心がいつまで続くかはわからないけれど、
他の宗教が少数派だから、当分は今の通貨が使われるだろう。

 

小学生のころ、
「日本の国債発行額は世界一で借金大国なんだよ」
「だから無駄な設備にお金はもう使えないんだよ」
と教えられてきて、それから既に20年以上。

日本の最後の財政黒字は1992年で、
そこからずっと国債を増やし続けている。

日本の財政収支の推移 - 世界経済のネタ帳

ハイパーインフレになるぞ!」との話は常にあったけれど、
日本の物価はデフレ気味。

はて、国債はいくら増えても大丈夫なんだろうか?
もしそうなら、消費税なんて増やさず国債で財政を賄えばいいじゃん。
でも、そんなうまい話があるのか? 

僕は経済の専門家ではないけれど、専門家も言ってることがバラバラで、
正確な未来予想なんてできないんだろう。

理論的には、国債は借金なんだから、
政治がプライマリーバランスを黒字化して国債の返済に充てなきゃいけない。
でも、現実は20年以上黒字化できてない。

銀行は、2期連続赤字を出してる企業には貸出しないのに、
20年赤字の国家には貸している(=国債を買っている)。

つまり、銀行は日本が破綻すると思ってないんだ。
というより、日本が破綻したら銀行がつぶれるから、
破綻しないと信じ続けるしかない。 
そして、みんなは銀行を信じて、銀行にお金を預けてる。

仮に日本が借金を返せず国債が暴落したら、連鎖的にみんな破綻する。

日本円が取引通貨として使われている理由は、
ただただみんなが国を信頼している、という事実だけで成立しているんだ。

米ドルもユーロも同じ。

ジンバブエベネズエラなどの新興国通貨は信頼されなかったりするけれど、基軸通貨の信頼は前提としないと、

「何も信じられないから取引できない」

状態になる。だから、基軸通貨を発行できる国家は強いんだよね。

「我々を信頼しなければ、世界がパニックになるぞ」と信頼を強要できるから。

 

でも、基軸通貨を発行する国、ほんとに信頼できるのか?
政治的に無茶する可能性もあるんじゃない?
もっと信頼できるのは、予め決められたシステム上、発行総量が定められてる通貨じゃない?

という理論からビットコインの概念が出てきた。

ビットコインはざっくり言うと、
個人の間で交換可能でかつ、誰にも複製できない数字だ。

イメージで言えば、中身が入った財布がズラーっと並んでいて、
財布の持ち主が指示したら中身が他の財布に移動する感じ。

誰にも偽札は作れなくて、他人の財布の中身も盗めない。
銀行口座のようなもので、個人の間での確実な数字のやりとりをしてくれるもの。

 

現代のお金の役割は単なる数字の交換だから、
盗まれず、複製できず、個人の間で交換できる数字があれば、通貨となり得る。 

暗号通貨で重要なのは、その管理者がいないこと。

日本円は日本銀行が通貨を発行する権利を持っていて、通貨の発行量を決められる。
つまり、実質的に政治などの思惑で通貨の発行量をコントロールできる。

その逆で、人間の意識が介在せず自動的に通貨発行量が決められるのが、分散型システムで、ビットコインなどの暗号通貨はあらかじめ発行量が決められている。

さて、人間の判断で通貨量が変化する中央集権の現代の通貨と、
分散型システムを採用された暗号通貨、どちらが通貨として信頼できる?

今のところは、過去からの信仰が強い日本円、USD、EURとかの価値が大きく、
暗号通貨での取引なんてほぼないに等しい。

でも、国家が通貨への信仰心につけこんで無尽蔵に国債を発行したりすれば、現代通貨は暗号通貨へ移行されるだろう。

 

暗号通貨が主となる未来はまだ遠く、現代通貨が主な時代は20年以上(人間の1世代が入れ替わるレベル)は続くと思う。

「みんな」が現代のお金への信仰に疑問を持つのはまだまだ先だろうし、
その信仰が続く限り、みんなお金を使う社会は続く。

それでも、現代が過渡期なのは変わらないし、
変化を受け入れないと頭をアップデートできないおじさんになってしまう。

人間が扱う政治はいつか必ずやらかしてしまうだろうから、暗号通貨に対する信仰が多数派になるタイミングはいずれくる。

どの暗号通貨が主流派になるか、将来主流派になる暗号通貨はまだできていないか、
そんなことはわからないけれど、暗号通貨界隈の動向は時代の流れの一端となるだろう。

積極的に暗号通貨の宣教師になるつもりはないけれど、
「現代通貨」vs「暗号通貨」の宗教戦争の模様はキャッチアップしていこうと思う。

 

ただの妄想にすぎない現代通貨への信頼で世の中が回っているのなら、
こんな妄言記事をアップロードしても許されると信じてる笑

先の見えない未来だけれど、だからといって今日1日を頑張らない理由にはならない。
お金について悩んでも、自分のお金が増えるわけでもない笑

増やして意味のあるものかどうか将来的には疑問もあるけれど、
人間は現代しか生きられないのだから、今のお金を稼げるよう今日も一日頑張ろう!

M&Aになぜ財務DDが必要なのか

今日は、財務DD(デューディリジェンス)の仕事について説明するね。

初対面の人にいきなり、「財務DDをやっています」と言っても、
まっったく通じなくてちょっと悲しい。。

 

そもそも、DDとはなんぞや?から始めるよ。
Wikiによると、

デューディリジェンスDue diligence)とは、ある行為者の行為結果責任をその行為者が法的に負うべきか負うべきでないかを決定する際に、その行為者がその行為に先んじて払ってしかるべき正当な注意義務及び努力のことで、転じて投資M&Aなどの取引に際して行われる、対象企業や不動産・金融商品などの資産の調査活動である

デューディリジェンス - Wikipedia

下線部分だけ読めば大丈夫だよ。

僕は、よく結婚で例えるんだけれど、
ある企業が、別の企業と結婚して、財布を同じにしようとするのがM&A
その相手の企業の家計簿を、結婚前に詳しく調査するのが財務DDなんだ。

調査するのは家計簿だけじゃなくて、
法務DD:相手の素性や訴訟の有無など法的な調査
ビジネスDD:相手が今後稼ぐかどうか、市場の展望などの調査
人事DD:相手の親戚(従業員)の状況の調査

などなど、企業との結婚前にはいろんなDDが行われる。

もちろん、重要性や相手への信頼感の問題で、DDをしない分野もある。

DDの範囲は、買い手がどこまで調査したいのか、によるんだよね。

 

だから、財務DDをしないM&Aももちろんある。
財力がかなりある人が、収入の少ない人と結婚するとき、
教えられてた収入より実際の収入が多少低くても気にしない感覚かな。

調査不足があってもたいして影響がない場合は、DDしなくてもいいんだね。

 

ただ、もし買収の結果で失敗したとき、「なぜ調査しなかったんだ!」と怒られる。
小さい会社ほど、会計処理を間違っていたり、
故意に粉飾したりしてる割合が高いしね。

だから、「財務DDを第三者が実施した」という調査結果は、
企業にとって重要なんだ。

仮に失敗しても、「事前調査では問題なかった」と言えれば、
買った人の責任と、買った後に運営した人の責任と、
ある程度はっきりしてくるしね。

「失敗の本質」に書かれているとおり、
決断の前には事前調査を可能な限り綿密に行ったほうが、
後々、失敗しにくいんだよ。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

 

大きな決断をするときに、根拠のない「たぶん大丈夫!」、ほど怖いものはない。

だから、事前にちゃんと調査することが重要なんだ。
調査で重要な発見事項がなくても、調査が無駄だったことにはならなくて、
「事前調査で大きなリスクは発見していない」
という結論を得ることが重要なんだよね。

 

会計監査済だったら、財務DD、いらないんじゃないか?という意見にも、
僕は反対だ。

会計監査は買収されることを目的としていないから、
不確実な状況にあるリスクをきちんと公表できていない可能性があるからね。
結婚相手が誰かの連帯保証人になっているけど、重要性が小さいから公表されてなかったりして。(鴻海買収前のシャープのように)

だから、買収前の財務DDは、なるだけやったほうがいいよ!
「失敗の本質」にならって、事前調査はしっかりやろう!

 

それじゃ、またね

公表情報から、DCF法でざっくり株式価値を試算する方法を説明するよ

前に書いた記事(企業価値って結局何なに?)の補足として、
今日はざっくりと、公表情報からDCF法で株式価値を計算する方法を説明するよ。

 

結論から書くと、
直近の正常収益力(EBITDA)に5~10年程度を乗じた金額から、
設備投資額とネット・デットを差し引いて計算してる。

 

DCF法で企業の株式価値を導くために、4つの要素がある。

①正常収益力(通常はEBITDA)
②設備投資
③運転資本
④ネット・デット

そのうち、③の運転資本は公開情報からの分析が難しいから、
僕は①、②、④の情報でざっくり計算して、投資判断してるよ。

 

DCF法は、企業の現在価値と将来価値の足し引きで、
株式価値を計算する方法だ。

4つのうち、ネット・デットは現在の価値、
3つは将来CFを導くための項目。

①正常収益力:事業から得られるキャッシュ・フロー
②設備投資:事業に必要な設備投資へのキャッシュ・アウト
③運転資本:事業関連の資産・負債の増減(=損益と入出金のタイムラグ)
④ネット・デット:事業資産以外の資産/負債の現在価値

で、これらの項目のうち、企業が公表している情報でざっくりわかるのは、
①正常収益力、②設備投資、④ネット・デットだ。

③運転資本の増減は、期末ごとの増減は見れるのだけれど、
増減理由が不明で、将来CFへの影響がわからないことが多い。

公表情報だけから運転資本の将来予測を出すのは至難の技だし、
大抵の企業ではそんなに増減ない項目だから、
ざっくり計算のときは無視しちゃうよ。

 

正常収益力の求め方

で、企業価値に一番影響があるのが、①の正常収益力だ。
正常収益力は文字通り、企業が正常に活動した場合に得られるキャッシュのことで、EBITDA(営業利益+減価償却費)で導くことが多い。

そして、1年分の正常収益力を導いたら、その「正常な」収益が、
何年続きそうか、年数を掛け算する。(ここがざっくりポイント!)

本来、DCF法を正確にやろうとすると、企業の将来計画を入手して、
それぞれの期のFCF(フリー・キャッシュ・フロー)を算出し、
割り引かなきゃ計算できない。

でも、企業の将来計画は、1年先のものだけ最低限開示すれば良いこととなっていて、
ほとんどの企業では、2年以上の将来計画は開示されてない。

また、開示されていたとしても、ほとんどは成長を前提としたものだろうし、
ビジネスモデルを抜本的に変える、などの情報がない限り、
過去の正常収益力から大きくぶれないと想定される。

だから、直近期の正常収益力に年数を掛け算して、
ざっくり将来CFを計算する方法が、
公開情報から得られる予測で最も確度が高い方法だと、僕は思ってる。

なお、ベンチャー企業は売上も利益も過去の実績から予測困難だから、
この方法じゃ企業価値がわからない。
というより、ベンチャー企業の場合、将来CFのブレが大きすぎて、
理論的な企業価値評価なんて不可能じゃない?と思ってる。
ベンチャー企業が作成した事業計画(ほぼ妄想)で創出される予定のCFを、
実現可能性とかを考慮した割引率で割り引くしかないだろうね。

話は戻って、
正常収益力に乗じる年数は、正直感覚でしかないけれど、5年は短く、10年は普通、
20年は相当長いなぁ、と感じる。

企業が将来、少なくとも5年分の「正常な収益」は獲得するだろう、
という期待は保守的だから、5年分で計算した株式価値よりも、
時価総額が小さい企業は買いだね!

もちろん、正常収益力が減少傾向の企業なら話は別だけれど。

 

正常収益力に乗じる年数は、結局はカンになる。
でも、企業のビジネスモデル、3年間の平均正常収益力、同業他社の状況などを見ると、

「10年後にも同じように稼げるかは不明だけど、5年は続きそう。将来全期間で獲得できるCFの期待値は、少なくとも8年分程度ありそう」

とか、ある程度のイメージは湧いてくる。

もちろん、将来赤字に転落するとか、そんな予測はできないから、保守的と思える年数を乗じればいい。

 

設備投資額を考慮

導いた正常収益力の掛け算の金額が、将来企業が稼ぐキャッシュ、
そこから、支出を考えるために、②の設備投資を差っ引く。

設備投資はぶっちゃけ、公開情報からいくらが正常なのか算出するのは難しいけれど、
影響が大きいからざっくり考慮するよ。

僕の場合は、ざっくり3年間の投資CFの平均値が毎年必要と仮定して、それに正常収益力に掛けた年数を乗じて算出する。

もちろん、臨時多額の設備投資があれば、平均から除いた方がより論理的になる。

 

上記の、正常収益力と設備投資の1年分の金額に、年数を掛け算した結果が、ざっくり企業価値になる。

これが、将来部分の価値。

 

ネット・デットの考慮

で、ここからネット・デットを引く。

ネット・デットは貸借対照表の計上科目から算出するもので、
企業の有利子負債から、余剰な現金預金を差し引いて算出する。

有利子負債はざっくりと、借入金、退職給付に係る負債、リース債務の合計で、
他に社債とか設備未払金とか、金融負債または正常収益力に関係しない負債項目を合計する。

余剰な現金預金の詳細な分析は難しいから、現金預金の残高から、
月あたり費用((売上原価+販管費)/12ヶ月)分を引いた金額でざっくり計算してる。教科書的に「1ヶ月分の支払額程度は手元資金」と仮定してるよ。
減価償却費が大きい会社なら、減価償却費を除いた費用を月割りしてね。

 

今回は、公表情報からDCF法で株式価値を試算する方法を説明したよ。

まとめると、
正常収益力を導いて、それが続くと思う年数(5~20年程度)を乗じる。
続いて、設備投資額をざっくり試算し、ネット・デットを差し引く。

正常収益力から設備投資額を引いて、その金額に年数を乗じてもいいね。

そうやって試算した株式価値が、現在の時価総額よりも大きかったら、
その株、買いだよ!!

 

それじゃ、またね。

企業価値って結局なに?

結局のところ、企業価値ってなんなの?
と思っている方、けっこういるんじゃないかな。

 

いきなり答えから言うと、
企業価値とは、その企業が現在持っている正味価値将来稼ぐ金額合計の期待値だ。

 

期待値は結局のところ、
それぞれの個人が持っている感覚になってしまう。
だから、株価が毎日動いているんだ。 

でも、なんの根拠もないわけじゃなくて、
ある程度は論理的に企業価値を求めることができる。

 

現在、一番理論的だと言われている企業価値の算出方法はDCF法で、
企業が生み出す将来のCF(キャッシュフロー)の予想を
現在価値に割引いて計算する方法だ。

で、その割引後将来CFの期待値から、
有利子負債(正確にはネット・デット)を除いた価額が株式価値となる。
つまり、現在持っている正味価値=ネット・デットということ。

企業が稼いだお金は、まず、借入金の返済に充てられ、
その残りが株主のものになる流れだね。

ざっくりイメージは下図のとおり。 
こんな図、すこしかじったことのある人なら見たことあるでしょう? 

f:id:uni4649:20171128235341p:plain

借入金よりも現在持っている現金預金が大きくなっていて、
ネット・デットがマイナスになる場合もある。(ネット・キャッシュ・ポジション)

その場合は、割引後将来CFにネット・キャッシュを足してあげれば、
株式価値になる。

キャッシュが大きい企業のほうが、株式価値があがるという、真っ当な結果だね。

 

DCF法の詳細はまた今度解説するけれど、
将来のCFの見積もりには、どうしても客観性がないんだよね。

だから、直近の資産と負債の状況から見た現在価値とか、
類似企業との比較(マルチプル)など、
理論的ではないけど客観的な数字を使った指標も使われている。

実績から将来CFを予測したりね。

それらは全て、企業が将来稼ぐ金額の期待値を
どうにかして算出するための指標だ。

 

まとめると、企業価値は、企業の現在と将来の期待値で、
期待は人それぞれ違うけれど、ある程度論理的に求められる。

じゃぁ、導いた期待値よりも、株価がかなり安かったら・・・?
もちろん買いだね!そんな企業、探せばけっこうあるよ!

 

それじゃ、またね。